※アイキララをこんな使い方したら大変!やってはいけない3つのこと

アイキララ情報

アイキララは、目の下のクマやたるみを本気で改善したい人の為に開発された商品です!

アイクリームランキング1位を獲得したり、モンドセレクションでも2016年~2019年金賞受賞するほど実績も高く多くの方に選ばれている商品なのですが・・

 

実は、使い方を間違うと逆効果になるのを知っていましたか?

正しい使い方をしないと目の下のクマが改善するどころか、逆に目の下のクマが濃くなることすらあります。

そうならない為に、ここでは、やってはいけない3つの使い方と正しい使い方(写真付き)について解説していきます☆

 

アイキララの基本的な使い方の順番

アイキララの基本的な使い方の順番としては、

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. アイキララ
  4. 乳液・クリーム

このような順番で使用していきます!

 

普段、行なっているスキンケアの間にアイキララを使うということになります。

 

① 洗顔でお肌を清潔にする

アイキララを使う前に洗顔で肌の汚れを落とし、清潔な状態にしておきます。

メイクしている時には、メイク汚れがないようにしっかりとクレンジングで肌の汚れを落としましょう☆

メイクが残っているとアイキララの成分が浸透しない場合があります。

 

 

② 化粧水でお肌を整える

化粧水でお肌を整えます。

※普段からオールインワン化粧品をお使いの方は、ちょっと注意が必要!

オールインワンタイプをアイキララの先に使用してしまうと、美容成分の浸透を妨げる可能性があります。

その場合は、洗顔→化粧水→アイキララ→オールインワンの順で使用して下さい。

 

 

③ アイキララを目の下に塗る

お肌を清潔にし、化粧水でお肌を整えたら目の下にアイキララを塗っていきます。

(詳しい使い方は写真付きで下記に記載しています)

アイキララを塗る時には、少量づつ塗るのがポイントです。

 

 

④ 乳液・クリームでお肌にフタをする

アイキララがお肌にしっかり馴染んだら、普段お使いの乳液やクリームを仕上げます。

仕上げに乳液やクリームを塗ることで乾燥から守ることが出来るのとアイキララの美容成分を閉じ込めることができます。

オールインワン化粧品をお使いの方は、このタイミングで使用しましょう☆

 

アイキララは、普段のスキンケアにプラスするだけなので使い方も簡単です☆

ただ、アイキララを使うにあたっていくつかの注意点もあります。

 

アイキララのやってはいけない3つの使い方

 

アイキララの使い方って、ただ目の下に塗るだけでしょ?

なんて思ったりもするかもしれませんが、正しい使い方をしないとアイキララの効果を実感することができません。

そこで、やってはいけない3つの使い方について解説していきます。

 

ダメな使い方① 強くこする

一番やってはいけない使い方が強くこするということです。

目の下の皮膚は薄くデリケートなので強くこすってはいけません。

アイキララの美容成分をなじませようと強くこすってしまうと、色素沈着やたるみの原因にもなります!!

目の下のクマを改善しようとアイキララを使ったのに強くこすることで色素沈着がおこってしまっては逆効果です。

同様に目の下のマッサージなんかも控えた方がいいでしょう。

 

ダメな使い方② 毎日使わない

アイキララは朝、晩の1日2回使うのが基本です。

『今日は塗らなくていいや。』

など、気まぐれでアイキララを使っているようでは、目の下の改善は期待できません。

毎日継続してアイキララを使うことで明るい目元へと導いてくれます☆

 

ですので、『今日はめんどくさいからいいや』ではなく普段のスキンケアの一環として使ってみて下さい。

 

ダメな使い方③ 一度に大量使用

アイキララを目の下に塗る時には、一度に大量に塗るのではなく少量ずつ使うようにしましょう。

その理由としては、クリームの伸びはすごくいいので大量に目の下に塗ると、クリームが目に入る恐れがあります。

粘膜ギリギリまで塗るのではなく、3mmほど開けて塗るようにしましょう!!

 

 

では、具体的にアイキララをどのように使うのか?を写真を交えて解説していきます!

アイキララの正しい使い方をレクチャー

 

アイキララの正しい使い方について解説していきます!

まずアイキララを購入して商品が届いていざクリームを出そうと思っても、

あれ?出ない!壊れてるの?

なんて思う人もいるかもしれませんが、初めは誤発射防止の為にロックが掛かった状態です。

特に壊れているわけではないので安心して下さい。

アイキララの開け方(ロック解除方法)

▼ キャップを外す

まずは先端に取り付けてあるキャップを外します。

キャップはなくさないように注意してくださいね。

 

▼ ロックを解除する

アイキララの上部を回すとロックが解除されます。

特に難しいことではなく、反時計周りに回すだけです。

逆にロックを掛ける時には、時計周りに回せばロックが掛かりますので、使い終わったらロックを掛けておくことをおすすめします。

キャップを外し、ロックを解除して初めてアイクリームが出るようになります。

 

アイクリームを手の甲で温めるのがポイント

▼ アイキララを手の甲に出す

アイキララを直接、目の下に付けるのではなく一度手の甲に出します。

その理由は、手の甲に出すことで人肌にクリームが温めることができるので美容成分の浸透力が上がるのと少量ずつ目の下に塗ることができます。

1プッシュすると適量出ますが、1プッシュが1回分です。(両目分)

 

▼ クリームを伸ばすとこんな感じ

クリームの伸びはすごくいいです。

 

アイキララの塗り方

▼ 手の甲からアイキララを指に付ける

手の甲からアイキララを指に付けます。

この時の指は、説明書には薬指に付けると記載されていますが、自分の使いやすい指に付ければOKですよ。

わたしは、人差し指が使いやすいので人差し指を使っています☆

 

▼ アイクリームを両指に付ける

アイクリームを両指に付けて目の下に塗っていきます。

両指で両目を塗ることで時間の短縮にもなります。

やりにくいという方は片目ずつ、塗ってください。

 

▼ 目の下に塗るときのポイント

一度に大量塗るのではなく、少量ずつ塗っていきますが、いきなり伸ばすのではなく、まずトントンと優しくなじませてます。

クリームがなじんできたら内側から外側に向かって伸ばしていきます。

つまり、目頭から目尻に向かって伸ばす。

クリームが透明になったらなじんでいるサインですので目安にしてみてください。

一番大事なのは強くこすらないということです!!

 

アイキララを実際に使ってみて、クリームの伸びがいいのと保湿力がすごく良い!というのが第一印象でした。

使い方も簡単で自宅で目の下のケアが出来るのですごく重宝しています♪

目の下のクマやたるみで悩んでいる人は一度、アイキララを使ってみてください。

アイキララを使うことで目元が明るくなりますよ☆

 

消えない目の下のお悩みには『アイキララ』

アイキララの使い方に関するよくある質問

ここでは、購入前に知っておきたい使い方に関する質問をまとめてみました。

 

Q:アイキララのクリームが出てきません。どうすればいいの?

A:使っていると、クリーム内にエアポケット(空気穴)がまれに存在し、数回のプッシュでは出にくいことがあります。

その場合は、下記の図のようにすることでクリームが出るようになります。

 

Q:アイキララはどのように保管すればいいの?

A:アイキララのクリームは、温度が低くなると硬くなる傾向にあるので、高温多湿、直射日光を避けて常温で保管してください。

また、保管する時には、ロックを掛けて保管することをおすすめします。

 

Q:乳液やクリームは、どのタイミングで使えばいいの?アイキララを塗った後すぐ?

A:アイキララは肌になじむまで少し時間が掛かります。

塗った直後ではなく、アイキララをなじませてから、目の下を指で軽く押さえた後に乳液やクリームを使ってください。

 

Q:たっぷり使用した方がいいですか?

A:使用量の目安は、1回につき1プッシュです。(1プッシュを左右両方に分けて使用します。)

多く使用しても問題はありませんが、多ければ多いほど実感できるものではございません。

 

アイキララ使い方のまとめ

今回は、『アイキララの使い方|正しい使い方とやってはいけない使い方』について紹介していきました☆

アイキララの使い方は簡単で、普段のスキンケアの一環として使用することができます。

でも、先程紹介したように間違った使い方をすると目の下を改善することができません。

特に注意したいのが、

  • 強くこすらない

です。

 

目の下を強くこすり肌を刺激してしまうと、色素のメラニンが増加して色素沈着がおこる可能性があります。

これは、目の下の悩みを改善するどころか、悪化させてしまい本末転倒です。

ですので、アイキララを使う時には、優しく使用するようにしましょう☆

 

アイキララを正しい使い方で使用して、目の下にクマのない明るい目元を手に入れてくださいね☆

 

アイキララの購入はこちら

<<お試し定期コース全額返金保証付き>>

 

関連記事↓↓

アイキララの50代の口コミ情報!